みよし市ホームページ > 組織から探す > 環境経済部,環境課 > オオキンケイギクは「特定外来生物」です

最終更新日:2014年7月22日

ここから本文です。

オオキンケイギクは「特定外来生物」です

市内の道端でよく見かける「オオキンケイギク」は、1880年代に観賞用や緑化用のために海外より持ち込まれ、5月から7月にかけて、鮮やかな黄色の花を咲かせます。美しい花をつけますが、繁殖力がとても強く、地域に元から生息していたその地域固有の生物の生息に重大な影響を及ぼす植物として、外来生物法による「特定外来生物」に指定されており「栽培」、「運搬」、「植える」などの行為が禁止されています。

オオキンケイギクの開花の様子

オオキンケイギクの特徴

  • 多年生草本
  • 高さ:30センチメートルから70センチメートル
  • 花期:5月から7月ごろ
  • 花の直径:5センチメートルから7センチメートル

オオキンケイギクを見かけたら

花がきれいだからといって、肥料や水をあげたり、自宅に持ち帰って庭に植えるような行為はやめましょう。

【対処方法】

1 根から抜き取る

2 種が飛び散らないようにその場で、2、3日天日にさらすなどして枯らせてた後、ビニール袋の中に入れて密閉して燃えるごみとして出してください。

詳しくは、環境省のパンフレットをご覧ください。(PDF:598KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:環境経済部環境課  

電話:0561-32-8018

ファクス:0561-76-5103

メールアドレス:kankyo@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る