• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

最終更新日:2015年6月4日

ここから本文です。

愛犬(愛猫)の管理

愛犬の管理

飼養者が守らなければならないこと

  1. 登録と狂犬病予防注射
  2. 他人に迷惑をかけてはいけません
    あなたのまわりは、犬の好きな人ばかりではありません。犬の鳴き声や悪臭などで近所に迷惑をかけないようにし、犬を飼っている周囲はいつも清潔にしましょう。
  3. 放し飼いをしてはいけません
    「犬および猫の飼養および保管に関する基準」によって犬の放し飼いは禁止されています。
    人の通路にならないところで、1.5m以内の丈夫な鎖につないで飼ってください。
    大きな犬や人を咬むくせのある犬は、鍵のかかる「おり」の中で飼養するなどして、人に危害を加えないように十分注意してください。
  4. 犬を捨ててはいけません(捨てることは犯罪です)
    犬などの愛護動物を捨てると「動物の愛護および管理に関する法律」により100万円以下の罰金が科せられることがあります。やむを得ない理由により、飼えなくなったときは、新しい飼養者を探すように努めてください。
    どうしても見つからないときは、愛知県動物保護管理センター(0565-58-2323)に相談してください。
  5. 犬の糞は責任をもって始末しましょう
    犬の排泄物により道路・歩道・田畑の畦・公園などが汚れています。散歩に出かけるときはビニール袋、ちり紙 などを持って出かけ、犬の排泄物で街を汚さないよう責任を持って始末してください。
    ※「みよし市ポイ捨て等の防止に関する条例」 第3条の規定により、犬の糞をかたづけることは飼い主の責務です。

愛犬が死亡したときの措置

  • 愛犬が死亡したときは、死亡届を提出する必要があります。みよし市役所環境課までお知らせください。
  • いままで家族の一員として可愛がってきた愛犬を、死んだからといって捨てたりしないよう最後まで愛情をもって措置してあげましょう。

愛猫の管理

  • 猫は犬のように登録や死亡の届出を行う義務はありませんが、鳴き声や糞により近隣の方などに迷惑をかけないように責任を持って飼養しましょう。
  • 猫を捨ててはいけません(捨てることは犯罪です)
    猫などの愛護動物を捨てると「動物の愛護および管理に関する法律」により100万円以下の罰金が科せられることがあります。やむを得ない理由により、飼えなくなったときは、新しい飼養者を探すように努めてください。
    どうしても見つからないときは、愛知県動物保護管理センター(0565-58-2323)に相談してください。

よくある質問

お問い合わせ

部署名:環境経済部環境課  

電話:0561-32-8018

ファクス:0561-76-5103

メールアドレス:kankyo@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る