最終更新日:2021年4月30日

ここから本文です。

 

監査委員制度

監査委員制度とは

監査委員は、地方公共団体が地方自治法第195条第1項によって、必ず設置しなければいけない執行機関の1つです。

監査委員は、市長から独立した「執行機関」として位置づけられており、常に法令および条例、規則などに従い、自らの判断と責任において公正かつ厳正にその職務を遂行すべき基本的義務を有しています。

みよし市監査委員の基本的権限は、市の財務に関する事務の執行および経営にかかる事業の管理を監査することです(地方自治法第199条第1項)。

さらに、みよし市監査委員は、必要があると認めるときは市の事務の執行について監査をすることができます(地方自治法第199条第2項)。

 

監査の組織

監査委員は市長が議会の同意を得て、人格が高潔で、普通地方公共団体の財務管理、事業の経営管理そのほか行政運営に関し優れた識見を有するもの、および議員のうちから選任しています。

みよし市では現在、識見を有するものから選任される監査委員(以下「識見監査委員」という)にあっては1名(代表監査委員)、議員のうちから選任される監査委員(以下「議選監査委員」という)にあっては1名、合計2名の監査委員と事務局職員により、市の事務や事業が市民の皆さんの福祉増進に努め、最小の経費で最大の効果が挙げられているかを主眼として監査を実施し、職務遂行に努力しています。      

みよし市の監査委員

監査委員の任期は、識見監査委員が4年で、議選監査委員は議員の任期になります。

 

監査委員 氏名 就任年月日
識見監査委員 小嶋 正道 令和元年5月12日
議選監査委員 福安 金之助  令和 3年5月14日

お問い合わせ

電話:0561-32-8347

ファクス:0561-76-5753

メールアドレス:kansa@city.aichi-miyoshi.lg.jp

場所:みよし市役所5階

ページの先頭へ戻る