みよし市ホームページ > 緊急事態宣言の期間延長に伴う市長メッセージ

最終更新日:2021年2月5日

ここから本文です。

緊急事態宣言の期間延長に伴う市長メッセージ(2月5日)

市民の皆様へ

 市民の皆さまをはじめ、事業者の皆さまには、日頃から新型コロナウイルス感染症の予防対策にご協力をいただき、深く感謝申し上げます。特に医療・介護従事者の皆さまには、昼夜を問わず、感染者の治療のため最前線で献身的にご尽力いただいておりますことに、市民を代表し、心より敬意を表するとともに感謝申し上げます。

 

 1月に愛知県を含む11都府県に出された「緊急事態宣言」以降、国民の皆さまの並々ならぬご努力により、新規感染者数は減少傾向に向かっています。しかしながら、入院患者数と重症者数、70歳以上の新規感染者数は、高止まりの状況が続いています。この現状により政府は、栃木県を除く10都府県に対し、感染状況や医療提供体制のひっ迫状況が十分に改善していないと判断し、3月7日まで1か月間延長することを決定しました。

 

 本市の感染状況につきましては、昨年12月から新規感染者が急増し、2月4日現在で計125人の新規感染者が報告されております。特に家庭内での感染が疑われる例も増えており、依然として予断を許さない状況が続いております。感染された方の一刻も早い完治を心よりお祈り申し上げます。

 

  本市におきましては、愛知県に緊急事態宣言が再発出されたことに伴い、市内の公共施設などの利用を午後8時以降、制限させていただいています。今回、緊急事態宣言の期間延長に伴い、公共施設などの利用制限も継続いたします。市民の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。具体的な対策の内容については、市のホームページに掲載していますので、ご確認ください。  

 

 また、市民の皆さまの関心も高い新型コロナウイルスワクチン接種につきましては、本市では、迅速かつ適切にワクチン接種事業を実施するため、2月1日付けで、「新型コロナワクチン接種推進室」を設置し、事業推進体制の強化を図っております。豊田加茂医師会など関係機関と連携しながら、市民の皆さまが安心、安全にワクチン接種を行えるよう全力で取り組んでおります 

 

 市民の皆さまにおかれましては、今一度、強い危機感を持っていただき、昼夜を問わず、不要不急の外出自粛をお願いするとともに、一人一人が「三つの密(密閉、密集、密接)」の回避、マスクの着用と手洗い、手指の消毒、こまめな換気といった基本的な感染予防対策の徹底を強くお願いいたします。併せまして、「新しい生活様式(市のホームページ参照)」をより一層、実践していただきますようお願いいたします。 

 

 市民の皆さま一人一人の基本的な感染予防の取組の徹底が、ご自身や周りの大切な人を守り、医療体制の崩壊を防ぎ、社会全体を守ることにつながってまいります。 

 そして何よりも、感染された方やそのご家族の人権の尊重にご配慮いただき、誹謗中傷は厳に慎むとともに、不正確な情報に惑わされないよう、お願い申し上げます。

 市民の皆さまをはじめ、みよし市全体が一致結束して、少しでも早く、本来の明るい生活を取り戻せるよう、どうか引き続き皆さまのご理解ご協力をお願い申し上げます。  

 

 

  令和3年2月5日

       みよし市長 小野田 賢 治 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る