最終更新日:2022年11月24日

ここから本文です。

令和4年就業構造基本調査

この調査は、国民の就業状態を調査し、国や地方公共団体の政策や学術研究のための基礎資料とするために実施します。

近年は5年ごとに実施され、今回は18回目の調査となります。

syugyo_banner

調査をお願いする世帯には、9月下旬に調査員が伺い、調査書類をお配りします。
簡単にインターネットで回答することができますので、調査の趣旨をご理解いただき、ご回答をお願いします。

調査期日

令和4(2022)年10月1日現在で実施します。

調査の対象

全国の調査区(愛知県内:1,002調査区)内の世帯から、無作為に選定された約1万6千世帯に居住する15歳以上の世帯員約3万人

みよし市 : 7調査区(約440世帯、約1000人)

調査の方法

調査員が「インターネット回答ID」と「調査票(15歳以上の世帯員に対して1枚)」等を世帯に配布し、

世帯が①インターネット回答 ②郵送提出 ③調査員へ提出する方法により回答。

調査内容

 1.就業状態、職業訓練・自己啓発、育児・介護の状況 など(全員)
 2.就業上の地位、就業日数・時間、テレワークの実施状況 など(有業者のみ)
 3.  就業希望の有無、希望職種、求職活動状況 など(無業者のみ)

調査結果の公表

調査の結果は、令和5(2023)年7月までにインターネットへの掲載等により公表されます。

 

お問い合わせ

部署名:政策推進部企画政策課  

電話:0561-32-8005

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:kikaku@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る