みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2020年8月 > 市制施行10周年記念夏季特別展(8月12日)

最終更新日:2020年8月21日

ここから本文です。

市制施行10周年記念夏季特別展「下り松瓦窯と西三河の古代瓦」(8月12日)

歴史民俗資料館で、市制施行10周年記念夏季特別展「下り松瓦窯と西三河の古代瓦」が開催されています。今回展示されているのは、みよし市内で唯一古代の瓦を焼いた窯である下り松瓦窯(くだりまつがよう)の資料を中心とした、西三河地域の古代瓦の数々。この窯で焼かれていた、三河地域では希少な文様である複弁蓮華文(ふくべんれんげもん)が描かれた軒丸瓦や、西三河地域で出土した多種多様なタタキ痕が見られる平瓦(ひらがわら)など、貴重な資料は見応え十分です。会場を訪れていた女性は「みよしで生産されたものが寺院で使用されていて、重要な役割を担っていたことを知りました」と話していました。この企画展は9月27日(日)まで開催しています。普段は豊田市に保管されており、みよし市では見ることができない貴重な文化財の数々を、この機会にぜひご覧ください。

 じっと見入る小学生 複弁蓮華文軒丸瓦 下り松瓦窯  

 伊保古瓦出土 タタキ痕 素弁蓮華文軒丸瓦

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:教育委員会 教育部歴史民俗資料館 

電話:0561-34-5000

ファクス:0561-34-5150

メールアドレス:shiryoukan@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る