みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2021年10月 > 尾三消防本部鉄道事故対応訓練(10月4日)

最終更新日:2021年10月7日

ここから本文です。

 尾三消防本部鉄道事故対応訓練(10月4日)

10月4日、名鉄三好ケ丘駅で尾三消防本部鉄道事故対応訓練が行われました。鉄道事故発生時に鉄道会社と消防機関が連携し、初動対応に必要な知識、技術の向上を図ることを目的に尾三消防本部と名古屋鉄道株式会社(以下、名鉄)が合同で開催。電車内で火災が発生したという想定で訓練を開始しました。名古屋鉄道株式会社の職員が初期消火を行い、尾三消防本部に火災発生状況などを報告。救急隊員が駅に駆け付け、負傷者の搬送や消防隊員による電車内の消火活動が行われました。訓練に参加した名鉄の職員は「今回の訓練を通じて、あらためて非常時における安全かつ迅速な対応が必要だと感じました。今後も利用者の安全を第一に考え、行動したいと思います」と話していました。

  

名鉄職員の初期消火 ホース設置 消防隊員の消火活動

負傷者の対応 負傷者搬送  

 

 

 

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る