みよし市ホームページ > 子育て・児童 > 子育て > (令和4年1月6日更新)特例給付受給者等への給付(市独自施策)

最終更新日:2022年3月9日

ここから本文です。

子育て世帯への臨時特別給付金(その他の子育て世帯分)の支給(市独自施策)

お知らせ(令和4年1月6日更新) ※特例給付受給者等への給付

 

 【令和4年1月6日報道発表】

 国制度の子育て世帯への臨時特別給付金には所得制限があり、支給対象とならない世帯がありましたが、全ての子育て世帯が新型コロナウイルス感染症の影響を受けていることから、所得制限により支給対象とならなかった子育て世帯等に対しても早急に支援するため、市独自の施策として給付金を支給します。

 

 また、令和3年9月30日(基準日)以降に離婚又は離婚協議中となり配偶者と別居し、給付金を受け取れない現在の養育者(ひとり親世帯)に対しても、市独自の施策として給付金を支給します。

支給対象者

  国の「子育て世帯への臨時特別給付金」で

 (1)所得制限により支給対象外となった方(特例給付受給者)

    例)年収960万円以上(扶養人数3人の場合)の子育て世帯 

 (2)令和3年9月30日(基準日)から給付金の支給日までに、離婚又は離婚協議中となり配偶者と別居し、給付金を受け取れない現在の養育者

    例)令和3年9月分の児童手当は元夫が受給。その後10月に離婚し、実際、子どもの養育者が妻でも、国の給付金は元夫に支給となっているひとり親世帯

    ※状況の聞き取りが必要ですので、対象と思われる方は子育て支援課にご相談ください。

 (3)令和4年4月1日生まれの児童の養育者(所得制限なし)

給付金額

  対象児童1人当たり10万円

支給対象者(1)の方の申請について

【申請が不要な方】

➡令和3年9月分の特例給付受給者(公務員を除く)

※新生児で令和4年1月14日までに特例給付の申請をされた方も申請は不要です。

※平成15年4月2日から平成18年4月1日までに出生した児童(高校生と同年齢の児童)がいる場合は、その児童に対する給付金も申請不要です。

※申請不要の方へは、令和4年1月下旬に支給案内を送付する予定です(令和4年2月8日(火)に「ミヨシコソダテリンジ」の名目で特例給付の登録口座に振込予定)。

(注意)

給付金の受け取りを希望しない場合は、「受給拒否の届出書」を子育て支援課へ提出してください。

「受給拒否の届出書」はこちら(PDF:134KB)

支給口座を解約しているなど、給付金の受け取りができない場合は、「口座登録等の届出書」を子育て支援課へ提出してください。

「口座登録等の届出書」はこちら(PDF:144KB)

 

【申請が必要な方】

次の1から3までのいずれかに該当する方

  1. 令和3年9月分の特例給付受給者で公務員の方
  2. 高校生と同年齢の児童のみを養育する方(特例給付受給対象の弟妹がいる場合を除く)
  3. 令和3年10月1日から令和4年4月1日までの間に出生した児童を養育している方

  ※児童出生により、令和4年1月17日以降に市に児童手当の認定請求又は額改定認定請求(増額)をする方は、同時に給付金の申請が必要です。

➡該当する場合は、令和4年2月28日(月)まで(令和4年3月以降に出生した新生児は、出生日の翌日から15日以内)に、必要書類を揃えて子育て支援課窓口に直接または郵送で提出してください。

  申請についてはこちら

※令和3年9月30日(基準日)から給付金の支給日までに、離婚又は離婚協議中となり配偶者と別居し、給付金を受け取れない現在の養育者についても申請が必要ですが、状況を聞き取りしますので、令和4年3月末までに子育て支援課にご相談ください。(ただし、国制度の給付金を配偶者から受け取ることができる方は対象外です。給付金の申請後、配偶者に対して給付金の受渡しの有無を確認させていただく場合があります。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:子育て健康部子育て支援課  

電話:0561-32-8034

ファクス:0561-34-4379

メールアドレス:kosodate@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る