最終更新日:2020年10月27日

ここから本文です。

三好池まつりの歴史

写真:今では花火と提灯舟がすっかり定着しました昭和34年に三好池が完成し、愛知用水の通水で、待望の木曽の水が田畑を潤し、喜びと感動を町民に与えました。

水の恵みに感謝して池に舟を浮かべ、その上に山型の提灯を飾り、祈願船とともに奉る大御饌調進祭(おおみけちょうしんさい)が、平成元年8月5日に行われました。これが「三好池まつり」の始まりです。

平成2年からは花火を打ち上げるようになり、翌平成3年からは池の地形を生かして水中スターマインも開始。提灯舟も平成3年から6年にかけて、現在の7隻に増え、花火もスターマインやナイアガラなど年々盛大なってきました。

今では「三好いいじゃんまつり」「三好大提灯まつり」と並んで、みよしの夏の風物詩となっています。

写真:三好池まつりといえば提灯舟。夜の水面に浮かぶ様は何とも幻想的です

お問い合わせ

部署名:環境経済部産業課  

電話:0561-32-8015

ファクス:0561-34-4189

メールアドレス:sangyo@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る