• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

みよし市ホームページ > 施設案内 > 歴史民俗資料館 > 冬季企画展 第36回ひな人形展-人形たちの移り変わり-

最終更新日:2018年1月21日

ここから本文です。

冬季企画展 第36回ひな人形展-人形たちの移り変わり-

 

平成30年1月20日(土曜日)から3月18日(日曜日)まで

(休館日:1月22日、1月29日、2月5日、2月13日、2月19日、2月26日、3月3日、3月12日)

 

 当館は昭和57年11月に開館し、2回目の企画展示として昭和58年1月に「ひなまつりと能楽展」を開催いたしました。以来、毎年ひな人形展を開催し、今回で36回目を迎えました。この間に実に多くの皆さまからひな人形のご寄贈を賜りました。改めてご寄贈賜りました皆さまをはじめ、ご支援・ご協力を賜りました皆さまに、厚く御礼申し上げます。

 ひな人形は、数や形、顔、衣装、素材など、時代の移り変わりと共に大きく変化しています。みよし市周辺では、古くは型などで成形して焼いた粘土に、色付けをした土人形が飾られていました。明治時代になると、土人形のほかに衣装を着けた男びなと女びな一対の内裏ひな人形も見られるようになります。その後の昭和時代に入って、男びなと女びなを御殿に収めて飾る御殿飾りひな人形が主流となりました。きらびやかで豪華な御殿飾りひな人形は、多くの家庭で飾られ、昭和20年代から30年代にかけて大流行しました。この御殿飾りひな人形に替わって昭和40年代頃から主流となったのが屏風段飾りひな人形です。人形が大きくなり、飾られる道具も増えた7段飾りが、盛んに飾られました。一方で木目込み人形やガラスケース入りのひな人形など、住宅事情を反映したコンパクトなひな人形も同じ頃から見られるようになります。平成になると、大きな7段飾りに替わって、人形の大きさや衣装や素材などにこだわった、内裏一対の親王飾りや、三人官女までの3段飾りなどが、多く見られるようになりました。こうした形の変化のほかに、人形の大きさや衣装、顔だちなどにも、時代の移り変わりが見て取れます。また地域によっても飾られる人形にさまざまな特徴があります。

 今回の展示会では、江戸時代から平成に至るまでの間に飾られたさまざまなひな人形たちを展示します。時代や地域によって飾られるひな人形は大きく移り変わっています。これらの人形たちを通して、それぞれの人形たちが飾られた時代、地域に思いを馳せていただければ幸いです。

  

展示構成

(1)内裏ひな人形

(2)御殿飾りひな人形

(3)屏風段飾りひな人形

(4)天神飾り

(5)その他(押絵ひな、木目込み人形、土人形など)

 人形総数350体展示

  

展示風景1 展示風景2

展示風景3 展示風景4

 

イベント

みんなでトーク

平成30年3月3日(土曜日)午前11時から

会場でひな人形についての解説を聞きながら、ひなまつりについておしゃべりをしましょう。

予約は不要です。時間に会場にお集まりください。

 

愛知県内の博物館などをめぐる ひなまつりスタンプラリー

平成30年2月3日(土曜日)から3月11日(日曜日)まで

ひなまつりの展示を開催している県内の博物館施設をまわってスタンプを集めると、記念品がもらえます。

詳しくは各スタンプポイントに置いてあるラリーシートをご覧ください。

スタンプポイント

大口町歴史民俗資料館、愛西市佐織歴史民俗資料室、重要文化財堀田家住宅(津島市)、あま市七宝焼アートヴィレッジ、大治町立公民館、蟹江町歴史民俗資料館、弥富市歴史民俗資料館、徳川美術館、大府市歴史民俗資料館、知多市歴史民俗博物館、刈谷市郷土資料館、東浦町郷土資料館、碧南市藤井達吉現代美術館、尾州廻船内海船船主内田家(南知多町)、瀬戸蔵、岩崎城歴史記念館、日進市旧市川家住宅、豊田市民芸館、豊田市郷土資料館、喜楽亭、みよし市立歴史民俗資料館、幸田町郷土資料館、蒲郡市博物館、豊橋市二川宿本陣資料館、豊橋市商家「駒屋」、田原市博物館、田原市渥美郷土資料館、知立市歴史民俗資料館、岡崎市美術博物館、岡崎市旧本多忠次邸、岡崎むかし館、奥殿陣屋、西尾市資料館、安城市歴史博物館、高浜市やきものの里かわら美術館、人形小路

 (計36館)

 

みよし市内ひなめぐり

平成30年2月3日(土曜日)から3月11日(日曜日)まで

市内5施設をまわって、スタンプを3つ以上集めると、記念品がもらえます。(先着200名)

スタンプポイント

図書館交流プラザ サンライブ、みよし市立歴史民俗資料館、みよし市指定文化財石川家住宅、文化センターサンアート、ふるさと会館

 

  平成29年度の展示会

 

  資料館トップページへ

お問い合わせ

部署名:教育委員会 教育部歴史民俗資料館  

電話:0561-34-5000

ファクス:0561-34-5150

メールアドレス:shiryoukan@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る