みよし市ホームページ > 感染再拡大に対する市長メッセージ(4月12日)

最終更新日:2021年4月13日

ここから本文です。

感染再拡大に対する市長メッセージ(4月12日)

市民の皆様へ

 本市の感染状況につきましては、4月に入り、多い日には5人の新規感染者が発生するなど連日のように複数人の感染者が発生しています。愛知県の判断基準は「警戒領域」のままですが、本市の人口に対する発生者の割合が県内他市町村と比較し、高くなっていることから、極めて警戒が必要な状況にあります。また、国による3月の緊急事態宣言が解除されて以降、新規感染者数は全国的に増加傾向にあり、第4波の到来が懸念されています。さらに感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異株は、日本全国でも確認されその数の増加に強い危機感を持っています。 

 こうした状況を踏まえ、本市の新型コロナウイルス感染症に対応する判断基準を「危険領域(レッドゾーン)」に引き上げます。市民の皆さまには、基本的な感染対策をお願いしているところですが、これまで以上に3密を避ける行動により感染防止に努めていただくとともに、会食する際には、「マスク飲食(会食)」に努め、飲食時の会話においては、こまめにマスクを着用していただくなどお願い申し上げます。また、緊急事態宣言に準じた対策を可能とする「まん延防止等重点措置」が東京や大阪などの都市で適用されたことを考慮し、不要不急の行動の自粛をお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染し得る強力な感染症であり、終息に至るまでにまだこの先期間を要することから、少なくともワクチン接種が行き渡るまでは、市民の一人一人が「感染しない、感染させない」という強い意識のもとに行動をしてください。こうした行動が、ご自身の周りの大切な人を守り、医療体制の崩壊を防ぐとともに、社会全体を守ることにつながってまいります。

 本市におけるワクチン接種につきましては、希望する市民の皆さまに迅速に接種していただけるよう準備を進めています。65歳以上の方につきましては、まずは高齢者施設入所者の方から接種できるようにします。それ以外の高齢者の方へは5月上旬に接種券を送付し、5月下旬から接種開始の見込みであり、以後、基礎疾患のある方、高齢者以外の16歳以上の方の順に接種ができるようにしてまいります。 

 ワクチン接種に向けて、『新型コロナワクチン接種MIYOSHIプラン』(市のホームページ参照)により、本市がどのように接種を進めていくかを概要にまとめました。プランでは、①個別接種や集団接種の方法などを示した「接種体制」、②コールセンターでの予約受付などの「便利な予約方法」、③市民からの問い合わせに対応する専用コールセンターなどの「効果的な情報提供」を記載したので、是非、ご確認いただきますようお願いいたします。

 また、本市独自の施策として、高齢者施設等での感染者や濃厚接触者が発生した際、保健所の検査ができなかった職員やその関係者に対し、抗原(PCR)検査費の助成を行います。

 最後に、新型コロナウイルスに感染された方に対し、お見舞いを申し上げるとともに、一刻も早い回復を祈念いたします。また、感染者やそのご家族に対する差別や偏見などは、重大な人権侵害にもつながることから、差別や誹謗中傷を行わないようお願い申し上げます。

 みよし市全体が一致結束して、このコロナ禍をオールみよしで乗り切っていきたいと考えています。少しでも早く、本来の明るい生活を取り戻せるよう、どうか引き続き皆さまのご理解ご協力をお願い申し上げます。  

 令和3年4月12日           

            みよし市長 小野田 賢 治

 

 

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る