みよし市ホームページ > 市民生活における感染防止と社会経済活動再開に向けての市長メッセージ

最終更新日:2020年6月29日

ここから本文です。

市民生活における感染防止と社会経済活動再開に向けての市長メッセージ

市民の皆様へ

  市民や事業者の皆さまにはこれまで、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、さまざまなご協力をいただいていることに対しまして、心から感謝申し上げます。

  また、感染収束に向け、昼夜を問わず、最前線で献身的に尽力されている医療従事者の皆さまをはじめ、高齢者介護施設の従業員の皆さま、感染症対策に取り組んでみえるすべての関係者の皆さまに、心より敬意と感謝申し上げます。

 

  この地域では、5月14日に国の「緊急事態宣言」が解除され、5月26日には愛知県独自の緊急事態宣言も解除されました。

  今回の緊急事態宣言解除により、新型コロナウイルス感染症対策は、感染拡大の防止と社会経済活動の再開との両立を実現させていく新たな段階へ進むことになります。

  一方で、かけがえのない命を脅かす新型コロナウイルスの脅威は、完全に消えたわけではありません。感染の第2波の発生も懸念されるため、油断することなく、引き続き一人一人が「3つの密」の回避、手洗いや咳エチケットの徹底など、基本的な感染予防策を続けつつ、国の専門家会議が示した「新しい生活様式(市のホームページ参照)」を実践することが重要だと考えます。今後は、感染のリスクをしっかりと管理しながら、徐々に日常への復旧に向けて社会経済活動を再開させていくことが、私たち行政と市民の皆さまの共通の目標となってまいります。

 

  本市では、緊急事態宣言の解除を受け、感染予防の徹底を前提に、公共施設等を順次再開させるとともに、小中学校も6月1日から全員登校を再開してまいります。併せて、市独自に取り組む新型コロナウイルス感染症に関連する施策、支援策を、さらに推進してまいります(市のホームページ参照第1弾第2弾)。

 

  本市の数多い支援策の中より、4つほど紹介します。1つ目は、国の「特別定額給付金」の給付について、本市では5月12日の受付を開始し、5月31日現在で、全対象世帯24,468世帯のうち約89%に当たる21,895世帯からの申請を受付済みです。6月4日までには、全対象世帯の約87%の21,447世帯に給付を完了する予定です。

  2つ目は、市内で水道を使用している全世帯・事業所を対象に、4か月分の水道基本料金を減免します。

  3つ目は、母親が4月27日時点で住民基本台帳に登録されていて、国の特別定額給付金の給付対象外となる令和2年4月28日から令和3年3月31日までに生まれたお子さん1人当たり10万円の臨時特別出産子育て支援金を給付します。

  4つ目は、県の休業要請等に伴う協力金の受給対象外で、3月から5月までの売り上げが前年比25%以上減少した中小事業者等に対し、応援支援金10万円を支給します。

   引き続き、市民の皆さまの安心安全のため、必要な取組を迅速、的確、着実に実施してまいります。

   

   ウイルスという見えない敵との戦いには、誰もが不安な気持ちになりますが、一人一人が希望を持ち、お互いを思いやり、明るい未来を思うことが大切だと思います。今後も感染予防と社会経済活動の両立の実現に向けて、新しい生活様式の定着を図りながら、国・県の動向を注視し、油断することなく、市民の皆さまをはじめ、みよし市全体が一致結束して、一刻も早く、明るい生活を取り戻せるよう、皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

  

  令和2年6月1日

       みよし市長 小野田 賢 治 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る