まちの話題

みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2018年7月 > まちづくりシンポジウム(7月7日)

最終更新日:2018年7月12日

ここから本文です。

まちづくりシンポジウム(7月7日)

7月7日、まちづくりシンポジウムがサンアート小ホールで開催されました。初めに小野田賢治(おのだ・けんじ)市長が「2019年度からの20年間、市のまちづくりの指針となる第2次みよし市総合計画基本構想(素案)の内容を共有し、将来のみよし市を市民の皆さまや関係団体、行政が一緒になって考え、共にまちづくりを進めていく機会にしたいと思います」とあいさつ。東海学園大学教授で総合計画審議会会長の伊藤久司(いとう・ひさし)さんが第2次みよし市総合計画基本構想(素案)の内容を説明しました。その後、愛知教育大学准教授の阿部亮吾(あべ・りょうご)さん、愛知学泉大学専任講師の田中人(たなか・まさと)さん、あいちNPO市民ネットワークセンター理事長の新谷千晶(しんたに・ちあき)さんが20年後のみよし市の展望について議論しました。最後に行われた講演会では、株式会社日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介(もたに・こうすけ)さんが「高齢化を怖がらないでください。75歳以上の人が元気に過ごしているのを、若い人たちに見せることが大切です」と力強く話していました。来場した女性の一人は「講演を聞いて、みよしにはまだまだ可能性があることが分かりました。将来に期待が持てます」と話していました。

 小野田市長のあいさつ 伊藤さんが第2次総合計画について説明します 20年後のみよし市の展望 まちづくり講演会 藻谷さんからの質問に参加者が答えます 「20年後、こんなまちにしたい」皆さんの願い

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:政策推進部企画政策課  

電話:0561-32-8005

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:kikaku@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る