最終更新日:2020年4月24日

ここから本文です。

高齢者住宅改修費の給付

在宅の要介護認定を受けている高齢者がいる世帯が住宅を改修する場合に、改修費の一部を助成します。

介護保険制度の住宅改修が利用できる場合は、そちらが優先されます。

なお、介護保険制度の住宅改修を併用する場合、受領委任払登録事業者であっても、償還払いのみの取り扱いとなります。

対象者

介護保険制度の要支援、要介護認定を受けている高齢者がいる世帯

対象工事

  1. 手すりの取付工事
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止および移動の円滑化などのための床材の変更工事
  4. 引き戸などへの取替工事
  5. 洋式便器などへの便器の取替工事

など

給付限度額

30万円
(対象経費限度額150万円、補助率20%)

申込期間

工事を開始する10日前まで
(早めにご申請ください)

必要書類

 〇改修前事前申請

 

 〇改修後完了届

その他

必ず事前の申請が必要です。

書類をご提出いただいた後、原則ご家族様と調整して現地確認にお伺いします。なお、工事の完了後にも現地確認をします。

※現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現地確認を自粛しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:福祉部長寿介護課  

電話:0561-32-8009

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:choju@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る