みよし市ホームページ > 健康・福祉 > 福祉 > 後期高齢者福祉医療費支給事業(マル福)

最終更新日:2024年5月28日

ここから本文です。

後期高齢者福祉医療費支給事業(マル福)

新着のお知らせ

【R6.6.1】公金受取口座の利用について

医療費受給者証をお持ちの方で医療費を自己負担した場合、払い戻しの手続きにおいて公金受取口座を利用することができるようになりました。

【利用条件】

①申請者が受給者本人であること

 ※代理人は本人に代わって申請することができます。(必要書類は下記のサイトで確認してください)

  ⇒窓口でマイナンバーを利用する際に申請者の本人確認(個人番号及び身元確認)が必要になります(内部リンク)

②振込先口座が受給者本人の口座であること

③振込先口座が公金受取口座として事前登録してあること

④受給者本人のマイナンバーが分かるもの(マイナンバーカードなど)を保険健康課窓口で提示し、支給申請書にマイナンバーを記載すること

 

【公金受取口座とは】

マイナンバーとともに国(デジタル庁)に登録しておくことで、給付金等の支給を受ける際に利用を申し出ることができる口座です。 これにより、医療費支給申請手続等において、口座情報の記載が不要になります。 制度の詳細や公金受取口座登録方法については、デジタル庁ホームページをご覧ください。

公金受取口座登録制度(デジタル庁)(外部リンク)

対象となる人

後期高齢者医療被保険者の中で、下記に該当する人

  • 身体障がい者手帳1~3級(腎臓機能障がいは4級以上、進行性筋萎縮症は4~6級以上)所持者
  • AまたはB判定の療育手帳所持者
  • 自閉症状群と診断されている人
  • ひとり暮らしで非課税の人
  • 3ヶ月以上寝たきりや認知症の状態(要介護4または5)で市民税非課税世帯かつ税法上の扶養に入っていない人
  • 精神の疾病で措置入院の人
  • 結核による入院勧告措置の人
  • 精神障がい者医療費受給資格者
  • 母子家庭等医療費受給資格者

申請に必要なもの

  • 健康保険証(後期高齢者医療被保険者証)
  • 身体障がい者手帳または療育手帳
  • 精神障がい者であることを確認できる書類(下記のうちいずれか)
  1. 精神保健および精神障がい者福祉に関する法律第45条の精神障がい者保健福祉手帳
  2. 障がい者自立支援法第54条の自立支援医療受給者証(精神通院)
  3. 精神科医(精神科、心療内科等の主に精神疾患を専門とする者)による精神障がいの診断書(直近3ヶ月以内に発行されたもの)

受給者証の有効期間

受給者証に記載(それぞれ個人で異なります)

支給の内容

入院・外来の場合の診療費について、医療保険適用後の自己負担分を支給します。

※病院の窓口で健康保険証と受給者証を提示すれば、保険診療分については自己負担なしとなります。(愛知県内のみ)  

※次のような場合にも医療費の払い戻しが受けられます。

  1. 県外などで病院にかかり、受給者証が使えず保険診療の自己負担分を支払ったとき
  2. 旅行中または緊急により受給者証を持たずに病院にかかったとき
  3. 補装具(コルセット等)を作製したとき

<手続きに必要なもの>

健康保険証、受給者証、振込先口座の確認できるもの(預金通帳など)、

領収書(保険点数の記載のあるもの)、※医師の証明書(意見書または装着証明書)
※は補装具請求時に必要、靴型装具の申請については、装具の全体が確認できる写真。

こんな時には手続きを

持ち物(受給者証、健康保険証)

  1. 住所または氏名が変わったとき
  2. 生活保護の適用を受けることとなったとき
  3. 受給者証の有効期間が切れたり、受給者が転出または死亡したとき

 

お問い合わせ

部署名:福祉部保険健康課  

電話:0561-32-8016

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:hoken@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る