みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2010年9月 > 避難所生活体験訓練(9月25日)

最終更新日:2013年12月9日

ここから本文です。

避難所生活体験訓練(9月25日)

9月25日、三好丘中学校で避難所生活体験訓練が行われました。これは地域住民の交流を図るとともに、万が一の災害に備えることを目的に三好丘地域コミュニティ推進協議会が開催した行事。この日参加したのは地域住民およそ260人。

訓練に先立ち、久野知英(くの・ともひで)市長が「こうした宿泊体験を含む訓練はなかなかありません。この貴重な体験を、もしもの時に生かせるよう、訓練に取り組んでください」とあいさつ。参加者は消火訓練や炊き出し訓練、防災に関する講演、体育館に寝袋などで宿泊するという本番の避難所さながらの体験をし、防災への意識を高めていました。今回、防災講演の講師を務めたNPO愛知ネットの天野竹行(あまの・たけゆき)さんは「これまでさまざまな地域でこうした訓練に参加してきました。しかし若い皆さんが参加して、熱意をもって取り組んでいる地域はほかではなかなかありません」と話し、参加者の防災意識の高さに感心した様子でした。

写真:消火訓練で消火器を噴射しておどろく少年 写真:炊き出し訓練を実施する女性消防団のメンバー 写真:三角巾を使って包帯を巻く練習をする参加者 写真:お母さんと包帯の巻き方を練習する子

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る