まちの話題

みよし市ホームページ > まちの話題 > まちの話題 2014年1月 > 士別市小学生みよし市派遣団訪問(1月8日から11日まで)

最終更新日:2014年10月3日

ここから本文です。

士別市小学生みよし市派遣団訪問(1月8日から11日まで)

友好都市提携をしている北海道士別市との交流事業の一環として、みよし市と北海道士別市では、毎年、小学生を派遣しています。1月8日から11日までの4日間、士別市からみよし市へ小学生18人が訪問しました。訪問初日の8日には歓迎式がみよし市役所で行われ、小野田賢治(おのだ・けんじ)市長が「みよし市によく来ていただきました。交流を通してみよしの良さを知ってもらいながら士別市の良さも再確認してください」と歓迎のあいさつをしました。続いて派遣団を代表して士別小学校の清水雅也(しみず・まさや)くんが「今日からの4日間、みよしのことについて学んだり、交流したいと思います」とあいさつをしました。翌9日には三吉小学校の児童との交流事業が行われ、三吉小学校の児童を代表して近藤蒼真(こんどう・そうま)くんが「三吉小学校の良いところをたくさん知ってもらって、士別市の皆さんに伝えてほしいです」と話し、派遣団を迎えました。学校行事や休み時間の過ごし方などの質問コーナーでは、三吉小学校の児童から「放課では何をして過ごしていますか」との質問に戸惑う士別市児童を見て、先生から放課が休み時間をさす愛知県独特の表現だと説明されると、みよし市、士別市の児童たちはびっくり。あらためて「雪遊びをしています」と解答があると、三吉小学校の児童たちは「いいなあ」とどよめくなど、お互いの文化や習慣のことを理解し合いながら楽しく交流を深めました。

なお、派遣団の皆さんは、1月10日にみよし市役所、トヨタ自動車の組み立て工場などを見学し、たくさんの思い出とともに士別市へと帰路につきました。

歓迎式で今回のみよし市訪問の抱負を話す士別小学校の清水くん 訪問を記念し小野田市長と記念写真を撮影 三吉小学校の全校児童に迎えられ入場する派遣団の皆さん 三吉小学校児童を代表して近藤蒼真くんが歓迎のあいさつをしました 派遣団を代表して上野二千翔さんがあいさつ 三吉小学校紹介スライドを全員で見ました 三吉小学校のことを児童代表が説明をしました 三吉小学校の校歌を心をこめて歌いました お互いに名刺を交換し交流を深めます1 お互いに名刺を交換し交流を深めます2 腕相撲で力試し、果たして勝負の行方は 手作りの名刺で交流を深めあいました お互いに楽しく交流しました お互いの地域の意見を出し合い友情を深めました2 三吉小学校の周辺を散策  お互いの地域の意見を出し合い友情を深めました1

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:教育委員会 教育部学校教育課  

電話:0561-32-8026

ファクス:0561-34-4379

メールアドレス:gakko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る