まちの話題

最終更新日:2016年12月9日

ここから本文です。

戦没者追悼式(4月13日)

先の大戦で祖国のため命を落とされた330柱の英霊に追悼の誠をささげ、今日の平和を恒久のものとして後世に継承しようと4月13日、サンアートで戦没者追悼式が行われました。初めに小野田賢治(おのだ・けんじ)市長が「戦没者の方々のご冥福を心からお祈りするとともに、肉親を失った悲しみに耐え、苦難を乗り越えてきた遺族の皆さまの努力に敬意を表します。戦争の悲惨さと平和の尊さを心に刻み、戦争の惨禍を繰り返すことのないように、今の平和を恒久のものとし、後世に語り継ぐことを誓います」と式辞を述べました。続いて遺族を代表して、みよし市遺族会婦人部長の松浦良子(まつうら・りょうこ)さんが「終戦から71年が経ちましたが、肉親を亡くした悲しみは尽きることはありません。現在の平和と繁栄は皆さんの尊い命の礎の上に築かれていることを決して忘れず、後に続く若い世代にも語り継いでいくことを誓います」と追悼の言葉を述べ、およそ280人の参列者が平和の願いを込めて献花を行いました。

戦没者追悼式が行われました① 戦没者追悼式が行われました② みよし市遺族会婦人部長による追悼 訪れた参列者の皆さんにより献花が行われました

お問い合わせ

部署名:政策推進部広報情報課  

電話:0561-32-8357

ファクス:0561-76-5021

メールアドレス:koho@city.aichi-miyoshi.lg.jp

部署名:福祉部福祉課 

電話:0561-32-8010

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:fukushi@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る