最終更新日:2020年6月18日

ここから本文です。

男女共同参画について

 日本国憲法では、個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、国際社会における取組とも連動して、国においては男女共同参画社会基本法の制定をはじめ男女共同参画社会の実現に向けた様々な取組が着実に進められてきました。
 みよし市においても、恵まれた自然環境と大都市近郊という地理的条件のもと、活気と活力のみなぎるまちとして、積極的にまちづくりを進める中、市民一人一人が互いの人権を尊重し合い、家庭、地域、学校、職場その他の社会のあらゆる分野において、男女共同参画の推進に関する施策を展開してきました。
 しかしながら、少子高齢化の進展や国際化など社会経済情勢の変化により、地域社会は大きく変化してきています。これらに対応していく上で、さらに男女が、互いにその人権を尊重しつつ責任を分かち合い、対等なパートナーとして生活できる社会づくりが必要となってきました。
 市、市民、事業者及び教育関係者などが一体となって協働のもと性別にかかわりなく、男女がその個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現を目指していきます。

 

6月23日から6月29日は、「男女共同参画週間」です

 毎年6月23日から29日までの1週間は、「男女共同参画週間」です。

全ての方が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには、一人ひとりの取組が必要です。

私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?

 

内閣府男女共同参画局男女共同参画週間の詳細は、こちらをご覧ください。

今年度の男女共同参画週間キャッチフレーズ

内閣府では、「自分らしい人生を実現するために、時間をどう使っていくのか。家族や地域、社会はそれをどう後押ししていくのか。それを社会で考えていくきっかけとなるキャッチフレーズ」を募集し、以下の作品が選ばれました。

「そっか。いい人生は、いい時間の使い方なんだ。」

「わくわく・ライフ・バランス」

 

danjoR2

お問い合わせ

部署名:市民協働部協働推進課  

電話:0561-32-8025

ファクス:0561-76-5702

メールアドレス:kyodo@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る